Re麺ber

ラーメン食べログと雑記

クズ系大学生が沖縄国際大学に4年間通って思ったこと

どうも、現在4年次卒業必要単位が残り18単位な落ちこぼれ大学生をやっている者です。

今日は、沖縄在住の進路で迷っている高校3年生のアナタに沖国大へ通って実感したことをお伝えするよッ☆☆

f:id:liberal333:20170506064148j:plain

筆者について

  • 95年生まれ。2014年度入学。
  • 出身校: 普通校
  • 受験方法: 一般入試。AO二次選考で落ちた。
  • 高校時の内申:2.9くらい

入学したきっかけ

所属している学部は「産業情報学部 産業情報学科」 。 就職率が割りかし高いと言われている学科。隣の企業システム学科の方が最近は高いらしい。

この学部に決めた理由は

  • 幼いころからパソコン・インターネットで遊ぶのが好きだったから。
  • 就職したくなかったから
  • 専門でがっつり学ぶのはイヤになりそうだったから
  • 親が行っとけって言うから

念押ししておくけど

完全な独断と偏見です。

「産業情報学科」とは

その名の通り「産業」と「情報」を融合させた学科。
「サービス業」 × IT
「金融業」 × IT

みたいな感じ。ATMとかPOSレジとか。

  • 「情報系に興味はあるけど琉大の情報工学部はレベル高そう」
  • 「そもそも私文系なんだけど情報系興味あるんだよナァ…」
  • 「ITも好きだけど情報も・・・」

くらいなヒト向けだと思ってる。というか私がそうだった。

要はたいへん中途半端な学科。良く言えば、幅広く学べる学科。

入学してよかったこと

入学して、何度もやめようかと思ったことも多々あった。思ったほど技術的なことは学べないし、興味のない講義を取らないといけないし。
でもなんだかんだ4年次までやってこれたのは、なんだかんだ楽しかったからなんだと思う。

業界人の話が沢山聞ける

「専門学校行っとけばよかった」って思うこともあったけど、IT業界のプロフェッショナルな方々とたくさん触れることができたのはこの学科ならではだと思う。

毎週外部から講師を招く講義を3つほど履修してたから15週(人)×3(講義)で45人+αの業界人の話を聞くことができた。そして改めてIT好きだなーってふと思った。

出会いが多くなる

この大学・学部に限らず言えることだけど。やっぱ出会いはとても多い。海外旅行誘われたり、毎日のように飲み歩く仲間ができたり。 大学じゃなくてもできないことはないけど、海外旅行にたくさん行けるのは時間に融通がきく大学生の特権だと思う。
「これでもか」ってくらい有り余った時間ができるので、遊んで・飲んで・ヤって 人生とは何かを探索することができる。

ちなみに、合コンを催したことは一度たりともない。それは私が陰キャに属しているからだはず。

いろんなアルバイトができる

今まで経験したバイト

  • 大手スーパー、サンエーの食品レジ (1年半くらい)
  • 居酒屋 (1週間で辞めた)
  • 倉庫の仕分け (これも1ヶ月でやめた)
  • 通販業でAmazonへ商品をアップロードするバイト
  • Yahoo・楽天市場のストアのバナーや商品紹介ページを作るバイト
  • アプリのデバッグ・ウェブサイトのバク検証をするバイト

アルバイトで無難な接客業も試してみたけど、合わないということは実感した。
何がお客様は神様だ。我優先とばかりにレジに割り込むジジイババア共が。
これらのアルバイトを通して、世の中キチガイが意外と多いのと、接客業の大変さと、インターネットの面白さを改めて実感することができた。
ダルくてどうしてもバイト行きたくないときは、講義が…レポートが…で逃げる理由が作れるのも大学生の特権。

逆に、悪かったこと

「 4年」という時間の長さ。

良かったことを覆すようだけど。勿体無い。
自分で動かないと野放し状態なのが大学なので、資格とかを取り損ねたこと。自分の責任だけど。
専門学校なら時間と縛りが限られる分取れるチャンスが近くにある点は羨ましいと思った。

でも、このクソ有り余った時間でいろんなバイト経験したし、海外・国内旅行もいっぱい行って、なんとなくやりたいことが少しは明確になった気はした。

履修して良かった講義

  • ベンチャー起業論
  • 企業情報論Ⅰ・Ⅱ
  • インターネットと情報倫理
  • エグゼクティブ・セミナー
  • 沖縄におけるIT企業の戦略と市場動向 (寄付講座)
  • ウェブデザイン演習

外部から来る非常勤の講師の講義はだいたい面白い。基本的に、常任講師のはジジイの独り言を90分耐える修行。
そういう講義はtwitterとパズドラのスキルアップに当てる時間だと思っている。

私語厳禁・居眠り、携帯禁止で「社会でこんな適当なことは通用しません」とかいう教授は200%つまらないしそもそもあいつらは大学院出てすぐ教授になって 一般的な企業や社会とかけ離れた生活をしてないから妄言だと認識したほうが吉。
まぁ、かく言う私も社会出たこと無いんですけど。

非常勤講師の方々の講義が面白いのは、90分の苦行を知ってるから映像教材を見せたりワークショップをしたりが多いからなのかもしれない(?)。

履修して後悔した講義

上記以外すべて。
経済系のコースなんて興味ないってぇんだ! 経済学部いけばええねん。

教授の詳細についてはこちら↓

やっておけばよかったと思うこと

資格取得

中退して就職・専門へ編入しようか迷ったときの紙面上の武器にもなるし、IT系のバイトで優遇条件に書いてあったりするから。

合コン

大学生といえば合コンなんてイメージが合ったのに、いちども無い。もっと積極的に人と関わりヤリサーを探しまくっておけばよかったのかもしれない。

Webサービスの活用

世の中にはとても便利なサービスがいっぱいあって、有効活用すれば講義をもっと程よくサボれてテスト資料をもっと効率よく管理デキたのかもしれない。 大学の講義は教えてくれないサービスの活用方法を以下の記事でまとめてみた。

大学のみならず仕事に出てもこの手の技は使えると思うし、意外と知ってるヒトがいない。
こういうのを今から身につけておけば将来役に立つ…と思ってる。

まとめ

もっと早く気づいて実践しておくべきだった。それに尽きる。