Re麺ber

ラーメン食べログと雑記

僕がパソコンと出会った10年間のおもひで

ネットサーフィンしてたら、私の好きなヨッピーさんのブログでこんなの発見。世代は違うけど、懐かしいなーとかつい読み入ってしまった。

振り返ってみると、私もかれこれ10年くらいインターネットの世界にハマって良い事も悪い事も覚えてきたなーなんておもってちょっと振り返ってみる。

f:id:liberal333:20170504022954p:plain

参考(?)までに私のプロフィール。

1995年生まれ。ゆとり世代。情報系の大学4年次。沖縄在住。
周囲よりは一足はやくパソコンやインターネットに触れて、小学校の時にタイピング速度ナンバーワンのヒーロー(オタク)扱いされてた。

パソコンに触れたきっかけ

小学校2年くらいだったと思う。父親が知り合いから捨てるパソコンを貰ってきてなんとなく触り始めたのがきっかけ。
機種はマッキントッシュ。たしか上の画像のだった気がする。付属していたわけのわからないゲームを動かしてはフリーズさせて、正しい操作もわからずコンセントを何度もぶち抜いてたらすぐにお釈迦になり、捨てた。今取っておけばもしかしたら少しはプレミア価値ついてたかもね。

Windowsがやってきた

マッキントッシュが壊れてからしばらくはパソコンなかったが、なんだか寂しくて親にパソコン買ってとねだりつづけ、中古のWindows98のノートパソコンを買ってもらうことに成功。FMVの少年ジャンプくらいの分厚さのパソコン。メモリも16MBとかウンコみたいなスペック。すごくごっついヒンジついてた。今じゃあんなに超薄型スリムなのに。

インターネットなんてものはよくしらなく、オフラインでOS設定類をひたすら弄ってたり、Wordで学校のプリントなどを見よう見まねでつくったり、家族新聞を作ってたりしていた。あの頃はとても健全だった。いや、今でも健全だけど。

「インターネット」と出会う

小学校5年くらいになると、学校で「情報」という授業がはじまり学校でもパソコンを触るようになる。
最初は「ペイント」でお絵描きしたり、一太郎スマイルでお絵描きしたり、そんなのはとっくに熟知して片手でちんぽをしごきながら文字を打つレベルにまで達していた僕にとっては朝飯前だった。
そこから授業はどんどん進み、「インターネットであそんでみよう」くらいのレベルで漸く僕の知らないレベルにまで達する。アニメの名前とか検索したらすぐ画像が出てきたり、Flashで鉄砲ゲームなんてのがデキたり、すげー!! こんな面白い機能あったのかうちでやってみよう!! とその日は帰りの会が終わるや否やマッハで家に帰り、パソコンを5分かけて起動し、Internet Explorerの「e」を押す!!

f:id:liberal333:20170504030146p:plain

・・・・・

f:id:liberal333:20170504030408j:plain

ぼくはとてつもなく発狂した。何故だ。何故できないんだ。 形は違えど、画面の中身(OS)は一緒なはずなのに。うぉおおおおおおおああああ。

それもそのはず、インターネットに契約してないのに繋がるはずがない。なんてことはまだ知らない。

そしてどうやって知り得たかは覚えてないが、とりあえず「我が家にインターネットを契約せねばならない」ということがわかった途端に毎日母親にインターネット契約せぇやと頼み込んだ。それはそれはもう1年くらいかかった。

でも母親が持っていた携帯でインターネット(iモード)ができることを知ってからは、それをいじくり画像や着メロをダウンロードしまくる。
その結果、料金が原付1台くらい買える値段になり、母親ブチ切れる。「なら早くインターネットを契約せよ」と交渉に持ち込む。それも拒否される。 携帯を隠されるも、機械音痴な母親はマナーモードを知らないので家電からコールしてすぐに発見してはiモードとお友達していた。何したかは覚えてない。見つかっては取り上げられるいたちごっこを永遠と続けてた。電源を切るという手段は思いつかなかったのが唯一の救い。

その傍ら、ワードとタイピングゲームをひたすら極めてたら担任の先生に周知されて、褒められる。それを知って母親も少しはインターネット契約に興味をもつように。

で、インターネットがやってくる。

担任から褒められるようになってからは母親もインターネット契約のチラシやパンフレットに目を留めるように。

f:id:liberal333:20170504032124j:plain

たしか上戸彩がヤフーBBのイメージキャラ努めてた。因みに母親は「じょうとあや」って読んでた。今でも。 そんな矢先、ランドセルより愛していたノートパソコンが寿命を迎えてしまう。

インターネットがキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

ノートパソコンがついに天寿を全うしたのを機に、新しいパソコンとインターネットを導入すべくまたまた親に交渉に入る。

  • 調べ物がなんでもできちゃうよ
  • おばあちゃんがずっと探してる戦前の旧友もインターネットで探せるかもしれないよ
  • アメリカのキャサリンおばちゃんとだってEメールができちゃうんだよ
  • これからはインターネットがなくてはならない
  • ゲームなんていらないからインターネットをおくれ

それでもなかなか交渉は成立しない。そんな矢先、母親が自治体の役員に抜擢される。そうなると、『定例会お知らせ』みたいなのも作らないといけなくなる。

ここで悪知恵が働いた私は「こんなのかんたんに作れちゃうけど、パソコン壊れちゃったしな… それにインターネットがあればもっと早くすばらしいのができちゃうのにな」とひたすらアピールしまくる。

するとそこで、ばあちゃんが「そんなに便利なら買ってもいいんじゃない」と乗り出してくる。(゚∀゚)キタコレ!!

長い交渉の末、今度の週末にパソコンを見に行くことになり、インターネットとセットで購入を果たしたのである。
インターネットより一足はやく、ニュー・ノートパソコンが届いた日にはワードのテンプレートで「パソコン買ってくれてありがとう賞」をちょちょいとつくってばあちゃんにあげたら喜んでくれた。当時の僕はとても健気で純粋な少年だった。いや今でもそうだけど。

念願を叶えた私は、飯を食うのも忘れひたすらパソコンを触りまくった。当時は最新のWindowsXP。メモリは256MBとだいぶ進化したものの今となってはただのチンカス。

つづく